ラーメン店にあるといいのれんを製作するには

一人で食事をするときにでも、ラーメン店であれば
とても立ち寄りやすい場所といえます。

お昼の休憩時間にでも立ち寄ることはできますし、
夜ごはんとしても立ち寄ることはできるお店といえるでしょう。

誰もが気軽に立ち寄りやすいラーメン店には
のれんがあるといい雰囲気が出せるようになってきます。

のれんをくぐってお店に入ると、おいしそうな匂いが
食欲をそそってくるものです。

イメージする

ラーメン店でのれんを使用するのであれば、
どんなのれんの製作をすればいいでしょうか。

例えば、お店の名前をのれんに使用するのもいいですが、
単純に、らーめん、という文字を使用するようにしたほうがいいでしょう。

らーめん、の文字を使用してオリジナルのれんの通販や製作をすることによって
そこはラーメンのお店だと知っている人でも頭の中にもう一度
ラーメンを思い浮かばせることが出来ますので、より食欲を
かき立てることになっていきます。

色合い

のれんを製作する場合には、色合いにも注意してのれんオーダーする
ようにしていかなくてはなりません。

色の組み合わせが悪いものを製作してしまうと、食欲が落ちて
しまうことになりますし、おいしそうなお店と認識されなくなります。

初めてお店を訪れる人にも、おいしそうなお店だと感じて
もらうためには、色合いは重要になります。

オレンジに白や、オレンジに黒などといった組み合わせは
ラーメンらしさを際立ててくれるようになりますので、
見る人がラーメンをイメージしやすい色合いにするといいでしょう。

 

暖色系は食欲アップにつながる?色と食欲の関係性

色は食欲に大きな影響を与えますが、見る人の食欲を増幅させるだけでなく、逆に減退させることもあります。

なぜなら、人間には視覚・嗅覚・聴覚・味覚・触覚といった五感が備わっていて、周囲の情報はこれら五感から得られます。

中でも、目で見たものから得られる情報量はとても多く、人間が外の世界から得られる情報の約八割を視覚が担っていて、これは食事にもいえることです。

私たちが物を食べたり飲んだりするとき、味・香り・歯応え・舌触りなどの感覚が重要だと思われがちなのですが、実際に多くの情報源となっているのは目で見たものです。
誰でも最初に見た感覚を通じて料理や食べる場所を認識し、美味しそうかどうかを感じ取っています。
そして、得られる情報の中で最も重要となるのが色です。

どうしてかと言うと、人間が生まれてすぐの赤ん坊の頃は、ものをはっきりと見ることができず、大まかな輪郭や形だけを認識します。

しかし、そんな赤ん坊でも見た物体の色は判別できます。簡単にいえば、人間は生まれたときから色を判別し、口の中に入れても良いかどうかを区別しているわけです。

なお、色の中には料理やお店ののれんに使うことで、食欲を増幅させる効果を持つものがあります。
赤・オレンジ・黄色などの暖色系がもっとも食欲をそそらせる色といわれていて、特に彩度が高い鮮やかな色が望ましいです。
家庭料理においても、鮮やかな赤色のトマトやパプリカ、まぐろの刺身などは、彩度の低いくすんだ色の食べ物よりもフレッシュで美味しそうに見えます。

また、料理だけでなくテーブルや食器なども同じように鮮やかな色が食欲を増幅させます。
そのため、お店の入り口に飾るのれんは赤やオレンジにするべきですし、店内の照明も白い蛍光灯よりオレンジ系の照明にすれば、ラーメンなどの料理をもっと美味しくさせる演出が可能です。

また、赤などの色だけでなく、他の暖色系の色にも人間の食欲を増幅させる効果があります。特に、日本には昔から和食文化が根づいているため、この傾向が強いです。

昔から日本料理は「目で食べる」といわれていて、食卓の見た目や色に重きを置いてきたため、多くの日本人は幼少時から見ることで料理の良し悪しを感じるのを覚えます。

なお、和食には必ず味噌汁や醤油を使った煮物料理などが出されるので、日本人はこういった色に親しみを持っています。
実際に、性別・年齢に関係なく、カレーや鳥の唐揚げなどの茶色い食べ物が多くの日本人に好まれています。