スペースを区切るのに使いやすい

のれんは広いスペースを区切って使うときに利用される方が多いでしょう。

はっきり壁のような形で区切ってしまうと狭く感じてしまいがちになりますが、
布でできているのれんは一部を区切る形で開放感がある形で
仕切ることができるメリットがあります。

もちろんお気に入りの柄のものを使うこともできますが、
柄が入っていることによって視界が乱雑に見えてしまいがちになり、
部屋を狭く感じてしまう原因ともなります。

さりげない柄であっても、目についてしまうことで
邪魔に感じてしまうこともあるものです。

そのようなときに無地染めのものを使うのがおすすめです。

柄をあえて入れずに染めたものであれば、視界を邪魔せずに
広いスペースに感じさせることもできるのです。

視界を遮る

すっきりした印象が日本の狭い住宅には特に向いています。

店舗などでも、複数枚のれんを使うときに無地であれば
簡単に統一させやすくなるのです。

柄が入っているものは同じものを追加で用意しづらいことが
ありますが、無地であれば見た目が同じものを
そろえていくことができます。

実物を手に取ることが難しく、細かい部分を確認しづらい
通販でも、無地のものであれば購入しやすくなります。

今だからこその活用法も

最近はテレワークということで、自宅で仕事をする方も増えているでしょう。

インターネットの利用でリアルタイムのやり取りが容易になっている点は
よいのですが、自宅でウェブ会議などに参加する際は、背景に自宅の風景が
移りこんでしまうことが気になります。

仕事をするスペースは限られていることも多いので、
映り込まない位置に移動することも難しいのです。

スペースの確保

そういったときに、暖簾を利用する方法があります。
背景にあたる部分に暖簾をつるすのです。

不要になったら取り外すことができますから、家の限られたスペースでも
邪魔にならずに目隠しができます。

無地染めであれば柄に邪魔されず人物もはっきり見えますし、
背景画像を合成するということもしやすくなります。

取り外しができるという特性を利用すれば、暮らしの中で
見せたくない部分の目隠しに利用しやすくなります。

片付いていないときにおしゃれに目隠しができます。
季節などに応じて取り換えられるように、素材や色の異なる
暖簾をそろえておくとよいでしょう。

無地染めのものなら通販でも購入しやすいので、
これから初めての一枚を購入しようとしている方も
是非通販で無地のものを探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)