• Home
  • 一戸建ての売却に関する税金

一戸建ての売却に関する税金

一戸建ての売却に関する税金ですが、売却した価格が
購入した価格と諸費用を差し引いた額を
上回ると、売却益が発生します。領域

この利益は譲渡所得とみなされ、
所得税と住民税が課せられます。

所得税は国税ですので、地方税である
住民税と異なり、譲渡所得の発生した
年の翌年度の確定申告期限内に
確定申告をして、譲渡所得税を
納める必要があります。

住民税は所得税に基づいて計算されて課税されますので
申告等の手続きは不要です。

諸費用ですが、一番大きな費用項目は
減価償却費用となり、所有期間に
応じて金額が異なります。良い状態

また、譲渡に関する費用もこの諸費用に
含まれ、不動産業者への仲介手数料や
司法書士への登記費用の他、
測量費や印紙代金があります。

さらに譲渡時に占有者がいた場合の
立ち退き料や、一戸建ての取り壊し費用
などがあれば、その費用も含まれます。

尚、譲渡所得税は一戸建ての所有期間によって
この譲渡所得税の税率は異なります。

その一戸建ての購入から売却までの期間が
5年以内の場合の売却益については短期譲渡所得とされ、
税率は所得税が30%、住民税が9%でそれぞれに
復興税が加算されます。

その期間が5年を超えていた場合の売却益については
長期譲渡所得とされ、所得税が15%、住民税が
5%でこれらについても復興税が加算されて課税されます。

尚、実際には買い替え特例や3,000万円までの
特別控除など税務上の特別措置が条件により
選べる場合がありますので確認してみましょう。