• Home
  • 長期の転勤で家を売却するか貸すか悩んでいます。

長期の転勤で家を売却するか貸すか悩んでいます。

一世一代のお買い物と言えるマイホーム。
一般の人で家を買うという行為はそう何回も
あるわけではありません。

しかし、長期転勤を理由に家を手放すことに
なった場合、どうすればいいでしょう。

手放す方法として、誰かに売却してしまうか
貸し出してしまうかです。住み慣れた

しかし、どちらも一長一短があり悩んでしまいます。

まず家の売却ですがメリットは家にかかる
固定資産税から解放されるという点です。

税金は長期的にかかるコストですから
それが減るのは嬉しいです。豪勢

しかし、売却をするとローン
だけが残り、多くの場合買った時よりも
高く売ることができないことから、
金利と売却額を引いたローンが残り、
なんのためにお金を支払うのか
分からなくなります。

誰かに貸し出す場合であれば、不動産にかかる
税金からは解放されませんが自分の愛着ある
家を手放さず、さらには家賃収入という
副収入が手に入りローン返済の一助にも
なるのがメリットです。

しかし、万が一家に戻る機会ができても
借りた人を追い出すわけにはいきません。

誰も入居者が見つからないような場合も
固定資産税に加え、家の維持のために
費用がかかり、今以上に金銭的負担が
増えてしまうこともあります。

しかしどちらにもデメリットが存在しますが、
不動産の素人であるならば売却を検討して
しまうことをお勧めします。

なぜなら貸しにだすために上記の費用に加え
入居者を見つけるための仲介手数料などもかかり、
貸出の方がより多くの費用がかかるからです。

サラリーマンの場合転勤先の業務に加え、
貸し出した不動産の管理をするのは
想像以上に大変です。

仕事に集中するためにも売却をおすすめします。