二つのパターンがある家の売却

今まで所有していた家を売る場合には二つの方法があります。大切な気持ち

一つは不動産会社に直接売却を
することです。
これは不動産会社の立場からすれば
買取とも言われており、不動産会社と
売り主の契約関係しかありません。

もう一つは不動産会社が仲介を行い第3者に
物件を売り渡す方法です。

この場合不動産会社に直接家を売却するのと異なり、
不動産会社が売り主の代理人のような関係になります。

このような点が違うことで様々な点に違いがでてしまいます。

まず直接売却をする場合は仲介手数料がかかりません。
不動産会社を利用する場合は仲介手数料が必要な感じが
ありますが、あくまで家を売り渡す相手が不動産会社
というだけですので、仲介手数料がかからないのです。

一方で仲介の場合は仲介手数料が発生します。
仲介手数料が発生する根拠は、売り主の
代理人としての役割があるからです。家族

つまり売り主と買い主の間を仲介しているため、
仲介手数料が発生するという流れになります。

売値についてはどうでしょうか。
売値については不動産屋が直接買い取る
場合の方が、値段が低くなります。

その理由は、不動産会社は仲介手数料を取ることが
できないからです。

仲介の場合は不動産会社が仲介手数料をもらいますので
わざわざ安く買い取る必要もないのです。

逆に安く買い取ってしまえば売り主は誰も
その不動産会社にお願いをしないでしょう。

このように、家を売却する場合でも買い取りと
仲介では大きな違いがあるのです。