スペースを区切るのに使いやすい

のれんは広いスペースを区切って使うときに利用される方が多いでしょう。

はっきり壁のような形で区切ってしまうと狭く感じてしまいがちになりますが、
布でできているのれんは一部を区切る形で開放感がある形で
仕切ることができるメリットがあります。

もちろんお気に入りの柄のものを使うこともできますが、
柄が入っていることによって視界が乱雑に見えてしまいがちになり、
部屋を狭く感じてしまう原因ともなります。

さりげない柄であっても、目についてしまうことで
邪魔に感じてしまうこともあるものです。

そのようなときに無地染めのものを使うのがおすすめです。

柄をあえて入れずに染めたものであれば、視界を邪魔せずに
広いスペースに感じさせることもできるのです。

視界を遮る

すっきりした印象が日本の狭い住宅には特に向いています。

店舗などでも、複数枚のれんを使うときに無地であれば
簡単に統一させやすくなるのです。

柄が入っているものは同じものを追加で用意しづらいことが
ありますが、無地であれば見た目が同じものを
そろえていくことができます。

実物を手に取ることが難しく、細かい部分を確認しづらい
通販でも、無地のものであれば購入しやすくなります。

今だからこその活用法も

最近はテレワークということで、自宅で仕事をする方も増えているでしょう。

インターネットの利用でリアルタイムのやり取りが容易になっている点は
よいのですが、自宅でウェブ会議などに参加する際は、背景に自宅の風景が
移りこんでしまうことが気になります。

仕事をするスペースは限られていることも多いので、
映り込まない位置に移動することも難しいのです。

スペースの確保

そういったときに、暖簾を利用する方法があります。
背景にあたる部分に暖簾をつるすのです。

不要になったら取り外すことができますから、家の限られたスペースでも
邪魔にならずに目隠しができます。

無地染めであれば柄に邪魔されず人物もはっきり見えますし、
背景画像を合成するということもしやすくなります。

取り外しができるという特性を利用すれば、暮らしの中で
見せたくない部分の目隠しに利用しやすくなります。

片付いていないときにおしゃれに目隠しができます。
季節などに応じて取り換えられるように、素材や色の異なる
暖簾をそろえておくとよいでしょう。

無地染めのものなら通販でも購入しやすいので、
これから初めての一枚を購入しようとしている方も
是非通販で無地のものを探してみましょう。

天然繊維でこだわりの日よけのれんを作りましょう

天然素材のは和にマッチする

天然繊維とは天然の麻や綿、絹などを使用して作られたものです。
一方化学繊維というものも用意されています。

化学繊維は人間が人工的に作ったもので科学の力により生み出した
繊維を使用して衣類を作ります。

合成繊維や無機繊維など多くのものが用意されていて耐久性は高いです。

日よけのれんを作るときには天然繊維にこだわってみましょう。
素材が持っている独特の暖かみを再現することができます。

天然素材の繊維はのれんにこだわりのある人にマッチします。

天然素材

化学繊維だと独特の光沢があるので、冷たい見た目や軽量感
などが特徴的です。

場合によっては化学繊維素材がマッチするシーンもありますが、
和を意識したシーンでは天然の繊維のほうが合います。

和風独特の品格を保つことができるので、旅館や料亭などで
採用できます。

化学繊維ののれんは日焼けによって劣化が激しくなるので
注意が必要です。

天然の素材を使って作った日よけのれんも劣化するのですが、
経年経過によって味わい深い見た目になるのが魅力です。

天然素材を使用した日よけのれんは伝統的な見た目をしています。

和柄を入れても違和感がなく自然にマッチするので、日本家屋を
所有しているのなら作ってみましょう。

 

天然の素材はメリットが多い

天然繊維を用いて作られたのれんは多くのメリットがあります。

例えば吸湿性と保温性に優れているメリットがあるので
知っておきましょう。

季節を問わず利用できるので使い勝手が優れています。

特にリネンは通気性が素晴らしく夏にピッタリ合います。
暑い季節は涼しい風を通す事ができるだけでなく、冬は空気を
含み温かくすることが可能です。

使い勝手が良い

合理性を持っている素材なので非常に便利です。

また天然素材を使用して作ったのれんは清潔感を保てると
いったメリットもあります。

吸湿性に優れていることから、肌への負担なども少なく
カビや細菌の繁殖なども抑えてくれるのが強みです。

湿気によってカビが生えてしまう心配がなく長期間利用できます。

他にも静電気やホコリが起こりにくいといった利点もあるので
使い勝手が良いです。

天然系の素材はナチュラルな風合いがあるので、自然と馴染み
やすく時間経過ととも少しずつ変化します。

日本家屋は木材を使って建築されています。

木材とのれんの経年経過がマッチするので違和感のない演出を
してくれるのがメリットです。

コットンは吸水性が高い、リネンは温度調節ができるなど
それぞれの素材によって個性があります。

京都のれん株式会社で洗える防炎のれんを作ろう!文字入れ暖簾でワンランクアップ

のれんの良さが見直されています

のれんは日本らしい風情があり、人気が再燃しています。
さまざまな業態に使えるように形や大きさもバラエティーに
富んでいますので選べますし、カラーやデザインも古風なもの
から現代的な新しいものまで登場しています。

のれんは人の目をひきやすいですが、そこから一歩踏み込んで
興味を持ってもらい、踏み込んでもらうにはのれんに書かれた
文字も大きな役割を果たします。

文字の風合いによって印象もガラッと変わってくるので、
目立ったりお店の雰囲気を代弁するような役割もあります。

のれんの良さ

のれんに文字入れもできて、しかも多彩なバリエーションに
対応していれば、世界に1つだけののれんが出来上がります。

のれんで店の顔でもある玄関を華やかに、活気を持たせる
ことができます。

1枚の布ですが、のれんのパワーで、お客様の目線と足を
向けさせることができます。

ただ、のれんに文字入れなどをはじめ、アレンジができたり
質にはのれんを作る会社のスキルによって差が出ます。

実績とこだわりがある会社に制作を依頼することで、
イメージ以上の店の顔に仕上げることもできます。

また、柔軟な対応ができれば、枚数や納期などのソフト面
でも満足できます。

使うシーンによってオプション加工もできる

暖簾を使う場所は店の玄関だけとは限りません。
軽い布ですから移動もラクラクですし、どこでもつるすことが
できれば使えます。

飲食関係では火を使う調理場付近で使ったり、イベントなら
火が近くにある可能性も多いです。

そんな時に役立つのが暖簾の防炎加工です。

燃えにくい

燃えにくくする加工を施せるので、さまざまなシーンにも
安心して活用できて使える幅も広いです。

防火暖簾でもあっても、文字入れができてカラーや大きさ
など制限しなくていいのが京都のれん株式会社です。

京都のれん株式会社は社名の通りのれん専門店です。

暖簾に関係する加工技術や生地の豊富さなど、できるだけ
注文者の希望の添えるようにどんどん進化しています。

だから、他社にはないカラーや生地のタイプ、さらにデザイン
の再現性も評価が高いです。

今までは暖簾は使っていなかったという、新規の方でも
相談からアドバイスまでくれるので、初心者から常連さん
まで納得の対応力です。

さまざまなシーンにマッチした1枚を心を込めて一緒に作り上げて
くれるので、安心できますし料金も良心的です。

京都のれん株式会社なら、デザインから色や形でこだわりも
発揮しつつ、文字も入れて目立たせることも可能です。

店舗運営に大活躍ののれんを製作する

お店の入口の所に大きなのれんを設置しておけば、
店舗運営をしていくうえでの大きな助けになってくれます。

大きなのれんは目を惹くようになりますので、
お店のアピールをしていくことが出来るからです。

店舗運営の大きな助けになってくれるのれんですので、
目立つものを製作するようにしましょう。

のれん製作をするのであれば、一度にまとめて
数枚製作をするようにしておくといいでしょう。

飾る場所は一か所なのだから一枚だけでいいと思いがちですが、
一枚しか製作していなかった場合、何らかの形で一枚が使えなく
なった時には、のれんを設置することが出来なくなってしまいます。

のれん

例えば、敗れてしまったとか汚れがひどくなったといったときには、
使用することが出来ませんので、もう一枚あればすぐに設置する
ことが出来るでしょう。

そして古くなった時でも注文をし直す必要もありませんので、
まとめて注文しておくほうがいいのです。

しかものれん製作はまとめて数枚注文することによって、
一枚の値段が割安になる場合があります。

それならば送料の事や手間などから考えてみても、
一度にまとめて作るようにしておいた方が便利ですので
まとめて作ることを考えましょう。

まとめ買い

まとめて製作するからには、出来るだけ長く使えるデザインを
考えなくてはなりません。

飽きてしまうようなデザインや、流行を追求したようなデザインでは
長く使用することが出来ませんので、後々のことも考えてデザインしましょう。

既製品と製作したのれんの違い

既製品のれんは既製品でもたくさん販売されていますので、無理にオーダーメイドで製作をしなくても購入することはできます。

しかし既製品の場合は、どうしてもどこかで見たことがあるようなのれんになってしまうことでしょう。

何枚も同じものが販売されていることになりますので、どこかのお店とまったく同じということもありますのでオリジナル性がありません。

例えば、ラーメン、というのれんだった場合、ラーメン店であれば
どこのお店に設置しても不思議ではありませんので、同じデザインの
のれんを使っている店舗もあるはずです。

しかもそれが近隣のお店と同じだったとなると、新鮮味がありませんので、
結局買い替えることになってしまうかもしれません。

どこかのお店と同じではない方がいいのであれば、オリジナルで
のれん製作をするようにしましょう。

オリジナルで製作をしておけば、他のお店と同じということは
ありませんので、不要な心配をする必要もありません。

オリジナルで作る

オリジナルでのれん製作することによって間口にぴったりのものを作ることが出来ますし、お店のイメージカラーと同じ色で作ることもできます。

看板を掲げているのであれば、その看板の色ともできるだけ合わせるようにしておいた方が、そのお店の色として認識してもらいやすくなるでしょう。

オリジナルでのれん製作をしても、激安で作ってくれ、短い納期で届けてくれる業者もありますのでオリジナルで製作することにした方がよさそうです。

のれん製作は簡単にオーダーできる

デザインのれんを設置しているお店を見て、とてもいい雰囲気だと
思ったのであれば、自分の店にものれんを飾ってみたい
と思うものです。

いいと思えることを見つけたのであれば、どんどん取り入れる
ようにしていけば、お店の雰囲気も良くなっていく事でしょう。

しかし素敵なのれんをしていると思ったとしても、
どうやって製作をすればいいのでしょうか。

まったく同じものを製作をするわけにもいきませんし、
どこに注文をすればいいのかもわかりません。

そこで、のれん製作をするのであれば、インターネットで注文できる
業者を探してみるといいでしょう。

インターネットで注文

インターネットで注文することが出来るのであれば、すべてネット上でやり取りをしていくことが出来ますので誰でも簡単に注文をすることが出来ます。

のれん製作をするのであれば、自分で考えたオリジナルデザインでお願いすることもできますし、業者が用意しているサンプルの中から選んでいく事もできます。

サンプルから選ぶ場合には、自分が気に入ったデザインを選び、
そこから色や書体やイラストなどもすべて自分好みに変えて
いくことが出来ますので、どこをどのように変えたいのかを
伝えるようにします。

そうすれば業者側からデザインしなおしたもので連絡をもらえるように
なりますので、そこでさらに修正をかけるかそれともそのままでいいのかを
決めて行けばいいだけです。

のれん製作は誰でも簡単に依頼できますので、難しく考える必要はありません。

製作するのれんに防災加工をするメリット

のれんは店の看板代わりにすることが出来るものでもありますし、
雰囲気作りをしてくれるものになりますので、お店のイメージアップの
ためにも製作をしておくといいでしょう。

のれん製作をするときには、自分の希望通りに作り上げていくことが
出来ますが、製作時には防災加工は施すようにしておいた方が
いいでしょうか。

防炎

防災加工をするためには、通常の納期よりも少し長く時間が
かかるようになりますので、急いでいる場合には必要ないと
考えてしまいがちです。

しかしできることならしておいた方がいいでしょう。
のれんを店外に飾る場合には、何らかのきっかけで火がついて
しまう可能性があります。

例えば煙草による引火であったり、故意による放火などを
されてしまう危険性があるからです。

万が一のれんに火が付くようなことになってしまえば、
火事になりかねません。

火事になってしまえばお店全体に燃え移ってしまうだけではなく、
店内にいるお客様にも危険が及んでしまうことになります。

防炎加工

しかも入り口付近で出荷をしてしまえば、逃げ道さえも
奪われてしまうことになりますので、とても危険なのです。

防災加工をしておくことによって、火が付きにくく
なりますので、安全を考えてしておいた方がいいでしょう。

しかしそれだけで安心しきっていてはいけません。

のれん製作から数年すればその効力は薄れていくようになりますし、
雨でぬれることが多ければ効果が落ちてくることになりますので、
過信はし過ぎないようにしましょう。

製作したいのれんの生地の選び方

のれんの製作をしてお店のイメージアップにつなげたいと
考えるのであれば、デザインにこだわりを持たせるようにしましょう。

文字の雰囲気であったり、色合いなど決めることはたくさんありますが、
それだけではなく、生地にもこだわりを持たせるようにすることです。

種類も豊富にありますので、数多い中から選んでいくようになりますが、
選ぶ種類によって色合いや雰囲気なども少し変わってくるようになります。

堅いものを選べばきっちりした感じになりますし、
柔らかいものを選べば温かみを感じるようになるでしょう。

何を使用して作られているかというのを文字で見たとしても、実際に
生地を見てみなければどんな感じなのかイメージがしにくいです。

生地を確かめる

インターネットで注文をする場合には、実物を確認することが
出来ませんので、どのようにして選べばいいでしょうか。

のれん製作をインターネットでするのであれば、見本を画面上で
拡大して見られる業者を選ぶようにしておくといいでしょう。

拡大して表示をすることが出来るのであれば、どんな感じなのかを
確認しやすくなりますので、のれんの出来上がりをイメージ
しやすくなります。

拡大して見る

見本を画面上で見られない場合には、製作をして出来上がって
届いた後に、イメージと違うと思うようになりますので、
そこから作り直すことはできません。

のれん製作をイメージ通りに仕上げるためには、
生地見本を拡大してみることによってわかりやすくなるでしょう。