楽屋暖簾は和の伝統アイテム

楽屋暖簾は歌舞伎役者や長唄の師匠、三味線や舞台に出演する人たちの
楽屋口に飾り、目隠しと自分の屋号をアピールするために古くから
伝わった布になります。

歌舞伎役者をイメージ

例えば歌舞伎役者ならば家紋をあしらって自分の名前を抜き染めしたり、
特徴的なシンボルを印字するなどイメージを大切にしているのです。

歌舞伎役者だけではなく舞台に登壇する落語家でも、自分の着物の色と
同じのれんを誂えたりします。

麻や綿を打ち込んだ生地で出来ており、しなやかで丈夫なことがメリット
になるのです。長く使うものだから大切に扱われて、時には代々何十年も
同じのれんを使用し続けます。看板と一緒で親子子孫代々引き継いでゆく
代物なのです。

通常の水引きや長のれんなどはデザインのためや目隠し目的で使用されて
おりますが、いわば看板であることから屋号を表示した老舗店と同じような
意味合いになっております。

価格と相場は通常も物よりも高く、職人が染料を使って丁寧に一つ一つ作る
のでコストは高くなり、通常でも10万円前後すると言われているのです。

しかし長持ちして10年は軽く使えると言われており、古くなって風格が出ると
その人も一人前だと言われます。和の伝統のアイテムです。

のれんの重みや意味とは

歌舞伎役者や落語家など舞台に登場する芸者たちの控室である楽屋には、
その人の家紋やシンボルを入れたのれんがかけられており楽屋暖簾と言う
名前で呼ばれております。

祖父の代から代々大切に使っていたり、役柄ごとに新調するなど晴れの日の
舞台のための演出のために存在しているのです。

デザインはさまざまでありますが、多色使いよりもシンプルな抜き染めの
モデルが多くあり、花がデザインされていたり芸名が表示されていたり
楽屋口を区別する意味でも使われてきました。

楽屋のれん

たとえば講演会の一同が舞台の記念でプレゼントすることもあり、縁起の良いアイテムだと言われております。

また先輩から贈り物で頂くことで新人が認められたり、
新しい門出になるなどの背中を押してくれるような存在でもあり正に看板なのです。

自分の信頼を背負っている意味で泥を塗らないように、仕事に精を出して観客を楽しませなければなりません。

人間の人生は長くても約100年になりますが、屋号と看板は
その仕事がある限り生き続けます。

のれんは屋号であり先祖が守ってきた信頼の証として存在しているからこそ、
重みがあり無形の財産になるのです。

こうした意味は経済の用語としても良く使われております。

部屋の雰囲気を良くすることができる

楽屋暖簾は入り口に飾ってもらうだけではなく、インテリアとして活用してもらうことも可能です。

様々な事情から、楽屋の入り口には飾れないというケースも考えられます。

たとえば、これは個人楽屋でなければ気軽に取り入れることができません。
相部屋や集団部屋であれば自分のために贈られてきたものを、扉に堂々と飾るわけにはいかないはずです。

部屋の中であれば飾られる可能性が高いですし、舞台などへの出演が終わった後に自宅や事務所に飾ってもらえる可能性も高くなります。
その人の名前やイメージカラー、ピッタリな紋やイラストなどを入れておくことで、素敵なアイテムに仕上げることができるでしょう。

役者をイメージしたのれん

魅力的な内容にしておくことで、インテリアとして大いに役立てることができます。
もしも、扉の部分に飾ることができなくても、楽屋の中などに暖簾をかけておくことができればモチベーションアップに繋がりますし、華やかな暖簾を楽屋に取り入れてもらうことで室内の雰囲気を良くすることができるでしょう。

贈っても使ってもらうことができないかもしれないと制作を諦めようとする人もいるかもしれませんが、こういった方法で使ってもらえることが多いので積極的に贈ることをおすすめします。

サイズ感を意識しておこう

楽屋暖簾はタペストリーとして活用することができますが、この使い方をするためには制作時に注意しておかなければならないことがあります。

それは仕上がりのサイズ感です。
最初から扉にかけることが難しいと判明しているのであれば、壁などに飾りやすい小さめの仕上がりにしておくことをおすすめします。

どちらか分からない場合は、デザインを工夫してみると良いです。
半分に折り畳んで飾ってもおかしくないようなデザインにしておけば、大きめに仕上がっていてもタペストリーとして活用してもらうことができます。

楽屋暖簾をつくるときにはサイズまで指定することができるので、用途を考えながら決めることが大切です。
初めから部屋に飾ることが分かっているときには、敢えて真ん中を切らないで贈ることもおすすめだと言えます。

近頃は壁に飾るために中心に切り込みを入れずに販売しているサービスも増えているので、制作を依頼するときに対応してもらうことができるかどうか確かめてみると良いです。

扉ではなく壁に飾ることを前提としているのであれば、こうしたポイントを意識して楽屋暖簾をつくるようにすれば、失敗をすることなく満足度の高いものを贈ることができるでしょう。

飾りとしてのれんを贈る

気軽に相談できるサービス

kyonoren.comは既製品を購入できるだけではなく、オリジナルのれんを製作してもらうことができるサービスです。
デザインを提案したり特別な内容を依頼したりするときには、手続きが煩雑そう、大変な思いをすることになりそうだと思う人が多いはずですが、このサービスでは気軽に製作の相談を行うことができます。

本社に訪れることができる場合は商談スペースにて打ち合わせを行うことができますし、遠方であることが理由で来社できない場合やオンラインで手軽に済ませたい場合は電話やメールによる問い合わせ、メールなどでのデータ送付で受け付けてもらうことが可能です。

のれん製作をメールで相談

必ずしも来社する必要はありませんし、都合の良い方法でのれんの製作について相談することができるので、非常に便利なサービスだと言えます。

問い合わせやデータ入稿、オリジナルのれん製作などのあらゆる内容について、公式ホームページに分かりやすい説明ページが用意されているので、問い合わせをする前に不安を覚えることもないはずです。

気軽に利用しやすいのれん販売サービスなので、オリジナルのれんをつくりたい場合は相談することから始めてみることがおすすめだと言えます。

親身な対応なので安心して利用できる

オリジナルのれんをつくるときには、しっかりと打ち合わせをしておかなければ想像していた仕上がりにならない可能性があります。

せっかく注文しても、希望するような製品を受け取ることができなければ意味がありません。

このサービスの場合はお客様の満足度を損なわないように、親身に対応していることが特徴的だと言えます。
データを送付したり提案を行ったりした後にすぐに製作が始められるのではなく、デザイン案をつくってもらうことができ、のれんのできあがりイメージをしっかりと伝えてもらうことが可能です。

のれんのイメージを伝える

変更点や希望があればその都度伝えることができ、連絡を重ねながら理想的なのれんになるように調整していくことができます。

利用するサービスによってはデータを入稿した後は確認なしで製作が始まる、デザイン案を受け取った後に修正依頼をできないというケースもあるので、きちんと仕上がりイメージの提示があり、修正依頼にも応じているこのサービスは信頼して利用できるはずです。

親身になって相談にのってくれるサービスを選びたい、安心感のある場所で注文したいという場合は、ここで依頼してみることがおすすめだと言えるでしょう。

完全データ入稿だけがメリットではない

のれんの通販は、完全データ入稿ができます。
ネット型は実店舗がない分営業コストがかかっていないので、その分の費用を料金に反映させられるので、誰でも安く製作できるのが魅力です。

しかし、のれんを安く作れることだけがメリットではありません。
自分の都合の良い時間で注文できることもメリットです。

のれんを安く作る

店舗型のお店であれば営業時間内に打ち合わせをしたリデザインを提出したりして、やり取りをしなければならないため、時間がとられてしまいます。

その点、ネット型なら全国どこからでも注文することが可能なので、隙間時間でのれんの注文が可能です。

そして、生地やオプションなども自分で自由自在に選べるのも良いところと言えるでしょう。
通販カートに自分で組み合わせて注文する形になっており、遠慮することなく提供されているサービスを比較して自分の意志で選んでいくことができます。

対面式であれば、すべてのメニューがどうなっているのかわからないのでいちいち確認しなければなりませんが、通販型はすべてメニューは選択できるようになっているので、そこで必要な物だけを取り入れて注文ができますし、対面ではないので気兼ねなく自分が付きな通りにすることが可能です。

オリジナルデザインで好きにできることも強み

のれんの通販は既製品も売られていますが、オリジナルデザインで入稿することは、それらと差別化を図ることができるのも大きな強みです。
やはり、人は見慣れたデザインの物よりもそれらとは異なった物の方に惹かれます。

既製品は外れがなく宣伝に使いやすいのはメリットですが、他の人たちも同じものを使っているので、お店が多いエリアに使うのれんとしてはやや弱いです。

そこで、せっかくならそれを活かしたのれんを購入した方が良いです。
例えば、お店のロゴを入れたり、イメージキャラクターを採用したりすることで、他のありきたりの物とは異なった仕上がりにすることができます。

完全データ入稿ができる通販は、デザインは自分次第で作ることができるのでこれが可能です。

完全データでのれん製作

デザインするためには知識が必要になりますが、中には手書き原稿で入稿し、それをデータ化してくれるところもあるので、必ずしもパソコン知識が必要なわけでもありません。

また、使い方のサポートもしてもらえるので、必要に応じて活用することで、差別化されたのれんを購入することができます。

専門店はサポートが充実しているので、せっかくならオリジナルデザインで勝負してみてはどうでしょうか。

店舗運営に大活躍ののれんを製作する

お店の入口の所に大きなのれんを設置しておけば、
店舗運営をしていくうえでの大きな助けになってくれます。

大きなのれんは目を惹くようになりますので、
お店のアピールをしていくことが出来るからです。

店舗運営の大きな助けになってくれるのれんですので、
目立つものを製作するようにしましょう。

のれん製作をするのであれば、一度にまとめて
数枚製作をするようにしておくといいでしょう。

飾る場所は一か所なのだから一枚だけでいいと思いがちですが、
一枚しか製作していなかった場合、何らかの形で一枚が使えなく
なった時には、のれんを設置することが出来なくなってしまいます。

のれん

例えば、敗れてしまったとか汚れがひどくなったといったときには、
使用することが出来ませんので、もう一枚あればすぐに設置する
ことが出来るでしょう。

そして古くなった時でも注文をし直す必要もありませんので、
まとめて注文しておくほうがいいのです。

しかものれん製作はまとめて数枚注文することによって、
一枚の値段が割安になる場合があります。

それならば送料の事や手間などから考えてみても、
一度にまとめて作るようにしておいた方が便利ですので
まとめて作ることを考えましょう。

まとめ買い

まとめて製作するからには、出来るだけ長く使えるデザインを
考えなくてはなりません。

飽きてしまうようなデザインや、流行を追求したようなデザインでは
長く使用することが出来ませんので、後々のことも考えてデザインしましょう。

既製品と製作したのれんの違い

既製品のれんは既製品でもたくさん販売されていますので、無理にオーダーメイドで製作をしなくても購入することはできます。

しかし既製品の場合は、どうしてもどこかで見たことがあるようなのれんになってしまうことでしょう。

何枚も同じものが販売されていることになりますので、どこかのお店とまったく同じということもありますのでオリジナル性がありません。

例えば、ラーメン、というのれんだった場合、ラーメン店であれば
どこのお店に設置しても不思議ではありませんので、同じデザインの
のれんを使っている店舗もあるはずです。

しかもそれが近隣のお店と同じだったとなると、新鮮味がありませんので、
結局買い替えることになってしまうかもしれません。

どこかのお店と同じではない方がいいのであれば、オリジナルで
のれん製作をするようにしましょう。

オリジナルで製作をしておけば、他のお店と同じということは
ありませんので、不要な心配をする必要もありません。

オリジナルで作る

オリジナルでのれん製作することによって間口にぴったりのものを作ることが出来ますし、お店のイメージカラーと同じ色で作ることもできます。

看板を掲げているのであれば、その看板の色ともできるだけ合わせるようにしておいた方が、そのお店の色として認識してもらいやすくなるでしょう。

オリジナルでのれん製作をしても、激安で作ってくれ、短い納期で届けてくれる業者もありますのでオリジナルで製作することにした方がよさそうです。

のれん製作は簡単にオーダーできる

知ると面白い!暖簾についてのれんを設置しているお店を見て、とてもいい雰囲気だと
思ったのであれば、自分の店にものれんを飾ってみたいと思うものです。

いいと思えることを見つけたのであれば、どんどん取り入れる
ようにしていけば、お店の雰囲気も良くなっていく事でしょう。

しかし素敵なのれんをしていると思ったとしても、
どうやって製作をすればいいのでしょうか。

まったく同じものを製作をするわけにもいきませんし、
どこに注文をすればいいのかもわかりません。

そこで、のれん製作をするのであれば、インターネットで注文できる
業者を探してみるといいでしょう。

インターネットで注文

インターネットで注文することが出来るのであれば、すべてネット上でやり取りをしていくことが出来ますので誰でも簡単に注文をすることが出来ます。

のれん製作をするのであれば、自分で考えたオリジナルデザインでお願いすることもできますし、業者が用意しているサンプルの中から選んでいく事もできます。

サンプルから選ぶ場合には、自分が気に入ったデザインを選び、
そこから色や書体やイラストなどもすべて自分好みに変えて
いくことが出来ますので、どこをどのように変えたいのかを
伝えるようにします。

そうすれば業者側からデザインしなおしたもので連絡をもらえるように
なりますので、そこでさらに修正をかけるかそれともそのままでいいのかを
決めて行けばいいだけです。

のれん製作は誰でも簡単に依頼できますので、難しく考える必要はありません。