• Home
  • タグ: 売る

家を売る為にやっておくこと

のんびり過ごせる家を売る時に自分の家が一体いくらで
売れるのかどうか、すぐに検討がつく方は
多くはないでしょう。

大切な我が家を売ったり買ったりする経験は
それほど多くはありません。

多くの場合は1度か2度の売却や購入経験しか
お持ちではないかと思います。

その為、不動産を売ることに関してはみんな素人です。

家を売る時にまずやっておくこととしては、
近所で売買されている住宅の価格がいくらなのか
把握しておきましょう。支えている

売却しようとしている住宅の価格相場の
検討がついていなければ、不動産仲介業者から
提示された価格が高いのか安いのかさえ
検討がつきません。

家の売却は大変大きな金額が動きますし、
中にはまだローンを抱えたまま売る決断をされた方も
いらっしゃることでしょう。

状況によっては売却まで時間が少ないかもしれませんが、
出来るだけ周囲の不動産価格の相場の情報は
集めておきましょう。

今はチラシはもちろん、インターネットでも
情報収集は出来ます。

また、出来れば不動産価格の査定も複数の不動産会社から
査定してもらう方が良いでしょう。

毎年何十件も不動産の売買をしているプロの不動産会社と
売買の話しをする訳ですから、複数の不動産会社の担当者と
会って話しをするべきです。

プロの査定も値段が異なってくることに驚かれるかもしれません。

まずはその価格査定の理由を聞き、相手が信用できる
担当者なのかどうかを見極めるようにしてください。

大切な我が家の売却をお願いする訳ですから、慎重に選びましょう。

ローン返済中の家を売る

購入した不動産は、住んでみなくては本当に自分や家族にとって
よいものであるかはわかりません。小さな存在

また子供が成長したり、生活スタイルが変わることにより、
自宅が合わなくなるということも考えられます。

このような理由で住み替えを考えている人が一番気になることは、
住宅ローンを返済中に家を売ることができるかということです。

結論から言うと住宅ローン返済中でも売ることはでき、
家を売る人の多くがローンを返済中であることがほとんどです。

しかし住宅ローンが残っている場合には、一つだけ
クリアしておかなければならない条件があります。

それは売却したときに、住宅ローンの残りをすべて
一括で返済しなければならないということです。みんな一斉に

一般的には、家を売却した際に得ることが
できた利益を返済に充てたり、貯金して
おいたお金を使用します。

しかし心配なことは一括で返済することが
できない場合です。

売却で手に入れることができた利益がローンの残高を
下回ることは非常に多く見られます。

このような場合には不足分を補う必要があるのです。

住宅ローンを全額返済するためには、家の売却額と
貯金を足した数が、ローンの残高よりも多くなければなりません。

貯金については変えることができませんが、家の売却額は
変えることができるでしょう。

なるべく高く売るために、少しでも高い価格で家を
売却してくれる不動産会社を探すようにしましょう。

自分たちの貯金で足りない分については、親や兄弟などから
借りたり、少額の場合には銀行のフリーローンなどを
使用するというのも手段の一つとなります。

他人名義の家を売るにはどのような手続きが必要なのか

他人名義の家を売却するにはたとえ家族であっても
名義人の承諾なしでは売ることが出来ません。

名義を変更すれば売ることが出来ますが、名義変更も
名義人の承諾がないと変更することが出来ません。

家の売却には所有者の実印と印鑑証明が必ず必要に
なりますが、家族なら実印の保管場所を知っていることは多く、
印鑑証明も本人でなくても役所で手に入れることが出来ます。

一時的しかしそれを勝手に使って売却すると
違法になります。

その為他人名義の不動産を売る時には
手続きの際に名義人の同席か
委任状が必要になります。

また所有者が亡くなっている場合は、相続人全員の承諾を
得ることが出来れば、名義変更を行うことが出来ます。

最近増えているのが所有者で、ある人が認知症など
病気の時に、治療費のためなどに家を売却したいといった場合です。

この場合のは成年後見制度という制度を
利用することで、家の売却が可能になります。安心しきっている

後見開始審判にて後見人を選任した後、
後見人として、家庭裁判所に不動産売却の
必要性を申し立てることが出来ます。

必要性が認められたら後見人が名義人を
変更しなくても、本人に代わって
不動産を売ることが出来ます。

またその申し立てには不動産の名義人の戸籍謄本と
申立人の戸籍謄本、後見人の戸籍謄本、名義人の診断書、
名義人の精神状態についての鑑定結果が必要になります。

後見開始審判は相続人でなくても、4親等内の親族であれば
誰でも申し立てをすることが出来ます。